艶々オイルGHEE の秘密

最近なぜだかお問合せが増えたギー。

by.s というお洒落なサイトで、そしてJ-waveでも話題として取り扱われておりました。

でも突然何でかな?と思いながらも綺麗な黄金色のギーを見るだけでまるでロウソクに火を点したような気分になるので
癒しの効果もあるからかなっと思ったりしています。

実際の所、アーユルヴェーダではギーを見るだけで幸運が舞い降りるとも言われています。
幸運が舞い降りるのかは分かりませんが、ヒンドゥー教の宗教儀式では純粋なオイルとしても使われていてプジャ(お祈り)の時に火を点すディヤと呼ばれるオイルランプはギーを使います。不純物が混ざっていないため火をつけてもススが出ません。

そんな所からきっと純粋で神聖なというイメージから幸運が舞い降りる事になったのかもしれませんね。


さて、本題です。

まず、ギーって何?という事ですが ギーとは簡単にいうと無塩バターを火にかけて水分や糖分、タンパク質や不純物を取除いた溶かしバターの事です。インドでは新鮮な牛乳を加熱し、乳酸菌で発酵をさせ(これはインドのヨーグルトでカード又はダヒーと呼ばれる)撹拌して出来た発酵バターを火にかけて煮立たせ、水分やタンパク質、不純物を取除きギーを作ります。

酸化の速度が非常に遅く、バターより腐敗しにくく常温で長期保存の出来ます。アーユルヴェーダのトリートメントでも眼精疲労にギーの目洗い、ギーの点鼻薬、腰の痛みにギーの温湿布などが治療として施術されています。

指先や口の周りの乾燥などにもちょっと塗ったりします。キッチンに1瓶あるととても便利です。


インドの家には大抵1家に1瓶、ギーがあります。香りがちょっと独特なので人によってはあまり好きではないという人もいますが

大抵お母さん達は子供達の食べるチャパティーにどっさりとギーを塗って食べさせます。

 なぜならギーは滋養強壮、免疫力アップにお勧めだからです。成長期のお子さんや病後回復期、お年寄りの体力増進にお勧めです。

そしてアーユルヴェーダでは消化の火(アグニ)を正常に保ち、体内の老廃物を排出する浄化作用があるといわれており便秘にも

効果があります。体内の油性の汚れをとってくれます。


ギーの使い方(食用)
 
バターの代わりとしてパンに塗る
サラダ油の代わりに調理用オイルとして
乾燥したお肌や角質に塗ってマッサージ
白湯やお茶にちょっと加えてデットクス(便秘解消)

私はたまに寝る前にフライパンで温めたギー小さじ1/2にターメリック一つまみ、サフラン1粒を入れて牛乳に混ぜて飲んでいます。
特に疲れている時にはお勧めです。

体に良いギーですが、それでもやはり乳脂肪ですのでカロリー高いですので摂取し過ぎにはくれぐれも注意しましょう。


 



Amarmaのプレミアム ギーはインドのコブ牛(セブ種牛)の乳から製造したギー。
 
一般の乳牛も現代のインドでもやはり飼育の為の牛として狭い牛舎に入れられて
ホルモン剤や抗生剤などの投与もあるといわれている中で、プレミアム・ピュアギーは
放牧され自由に牧草を食べ、適度な運動もしながら愛されて大切に育てられたコブ牛からとれた牛乳を原料としています。
またインドでは油分の多い水牛の乳からギーを作るのが一般的です。なぜなら油分が多いので量が多く作れるからです。

ギーは純動物性油の事ですが市場に出回っているギーには植物油などを混ぜてカサを増しているものもあります。
 
コブのあるセブ種の牛から作る100%プレミアム・ピュアギーは精製後の上澄みだけを使った
最高級で香りが高くサラッと軽くべとつきが少なく抗酸化作用に優れ軽く消化の良いギーです。

 


神様級に大切にされているインドの牛舎の画像はこちら
 
https://www.youtube.com/watch?v=VUZKk1DlHsU

牛からは牛乳も、ヨーグルトも、ラッシーもアイスクリームもチーズもギーも、バターも出来ます。インドのスウィーツは殆どがミルクから出来ています。また、牛の尿はアーユルヴェーダのお薬としても活用され、糞は土壁に塗って虫除けににしたり土間の材料になったりします。燃料のゴ—バルとしても活用され、ガスの無い時代にはとろ火を保つ最良の調理用燃料として使われていました(今でも田舎やガスの無い暮らしをしている人々は活用しています)えさは辺りの草を食べてくれますし、雄は畑で仕事もしてくれます。
野菜や果物のゴミも食べ物として綺麗に食べてくれます。


牛1頭いれば大家族でも餓えで死ぬ事はないと言われてきました。そして戦いや気候の変化、不作などで移動しなくてはならなくなったとしても牛は文句も言わずに一緒に移動してくれます。どんなに炎天下でも生きている牛がいれば冷蔵庫が無くても牛乳が飲めます。腐る事を心配しなくても大丈夫。人間のお母さんのおっぱいが出なくなっても赤ちゃんは牛の乳に助けてもらって命をつないで来ました。

インドでそんな話を聞くと、なぜ牛が神様級なのか(もう既に神様ですね)の意味が良くわかります。

話がそれましたが、そんな牛から分けて頂いた貴重なギー、大切にしながら活用して元気な心と体を築きましょう。
 

「アーユルヴェーダとスパイス」お話会のお知らせ


とても気持ちの良い5月ですね。Amarma Ayurvedaでは5月の連休前後から様々なイベントがありました。
(ブログ上にて全然お知らせできていなくてすみません..後ほどお写真掲載にて様子をご報告したいと思います.)
そして只今ようやく通常のペースに戻りホッと一息という所です。


さて、6月には調布市仙川の茶安土(ティアンド)さんにてアーユルヴェーダとスパイスのお話会を開催させて頂く事になりました。
ティアンドさんは天然素材(ネパール、ラオスなどの生地)で作る気持ちの良い服をデザイン、パターン、生地から全てにこだわったクラフトをされているお店です。

数年前にこちらのお洋服を購入して以来、「ここぞ!」という場面ではいつもティアンドの服を来て出かけています。
着ていて気持ちよいという事以上に何か「勇気」とか「自信」をもらえるそんな服です!

そんな素敵なティアンドで、今回アーユルヴェーダのお話会を開催致します!

      
アーユルヴェーダとは、5000年以上にわたって受け継がれてきた世界最古のインドの伝承医学奥が深いアーユルヴェーダをもっと日常の暮らしに手軽に取り入れられる暮らしのアイデアをご紹介致します。
今回は2つのテーマに分かれてのお話会ですが全員参加型の楽しくためになる会です。難しそう、、深そう、つかみ所が分からないという方でも安心してご参加頂けます。

人生の意味、生き方、自分を知る事にフォーカスした「より良く生きる」知恵やヒントがいっぱいのアーユルヴェーダ的暮らしをはじめてみませんか?


■内容
 
午前の部:入門編

自分の体質や気質を知る事で自分の体と上手くつき合って行く事が出来る様になります。
まず
自分の体質チェックを行い、毎日の生活に取り入れられるアーユルヴェーダの教えと工夫をご紹介します。
 
午後の部:スパイス編
 
 スパイスは食べて良し、塗って良し、飲んで良し、煮出して良し、蒸して良し、と様々な形でスパイスの持つ薬効力を活用してきました。それぞれのスパイスの名前、効能、使い方、美味しいレシピをご紹介致します。難しい事、手間ひまをなるべく省いてご家庭で手軽に活用できるアイデアをお話します。これで貴女もスパイス美人。
 
 
日時:2015年22日(AM 11:00 ~ 12:30 午前の部(入門編)
                                              PM  2:00 ~   3:30   午後の部(スパイス編)


■お申込み方法
茶安土へ直接お申し込み下さい。定員各回8名
TEL:03-3326-6827 東京都調布市仙川1-16-24 京王線仙川駅から徒歩3分
参加費:各1,000円(レシピ付き)
 
 

春のイベント「Gift 」in 天然村4月4日(土)開催!

     BeFunky_Screen Shot 2015-03-09 at 11.jpg.jpg

温かくなったり寒かったり寒暖差の激しいこの季節。本格的な春が待ち遠しいですね。
今日はそんな温かい春の日差しが待ち遠しい楽しいイベントのご紹介です。

千葉県鴨川市にあるオーガニックハビテーション 天然村のイベント「Gift」に参加します。

文字通り、誰かが誰かのためにギフトする日というイベントです。
参加資格はギフトできる方。
例えば、得意の料理を作って参加者にギフトする。
例えば、必要のなくなった本などを持ってきて欲しい人にギフトする。
例えば、歌を歌って歌声をギフトする。
得意のマッサージをしてもらいたい人へギフトする。
何でもよいのです。
物物交換でもよければ必要で無くなったものを必要な人にギフトする。
こんな感じのゆったりとした時間をご一緒しましょう。
ハプニング的にその場の雰囲気や流れで進んで行くちょっと変わったイベントです。

       

素敵な天然素材で作られた母屋と宿泊棟にお泊まりすることも可能です。
東京から車で1時間程で行ける週末の隠れ家的なとっても心休まる場所ですよ。
ウィークデーは都会で働き、ウィークエンドは田舎暮らしなんていうのも夢ではないですね!

        

実はこの天然村ではAmarma Ayurvedaのトゥルシーティー(ホーリーバジル)を作っています。
4月はまだ畑の土を耕す季節ですがゴールデンウィーク明け頃には種を植えて今年のトゥルシーを
愛情いっぱいで育てるんです。わっさわさに茂った生トゥルシー畑の見学や収穫祭も企画しております!

<日時>
2015年4月4日(土)宿泊も出来ます(別途宿泊費有り)

<スケジュール>
11:00 / 受付開始

ここからのスケジュールは、その日の進行に任せ進めます。

さて、イベントのお話に戻りますが私、ミシュラ京子は「インド・スパイス家庭料理をお教えします」でレシピや作り方をギフトします。
今回作るカレーは「家庭的なインドのカレー」という意味で本格的。カレーのレシピはもちろん、日本人にはなかなか慣れないスパイスの使い方などを学びます。

<ワークショップ>
ミシュラ京子
「インド・スパイス家庭料理をお教えします」の巻

【menu】
1、サブジー(季節の野菜ドライカレー)
2、ダール(豆のカレー)
3、バターチキンみたいなカレー(仮)
4、カチュンバ(野菜とスパイスのサラダ)
5、マサラライス(スパイスご飯)
6、マサラチャイ(ミルクティー)

インド料理が大好き、スパイスを使いこなしてみたい!自分だけのオリジナルカレーを作りたい!スパイス買ったけど使い方が分からない!家族皆で食べれるスパイス料理が習いたい!体調に合わせてスパイスを使いたい!などなど。そんな皆さんのご希望に十分お答えできるインド・スパイス家庭料理をお教えします。

【準備するもの】
持ち物:筆記用具、エプロン、カメラ(必要であれば)

自由参加のカレーワークショップですが、学ぶだけでなく「やはり食べてみない」という方には事前予約でランチプレート(有料)をご用意することになりました。突然の希望にも対応致しますが、無くなり次第終了はご了承くださいませ。「折角来たのに〜!」と悔しいことにならないよう、要予約宜しくお願いします。
予約先:
天然村 
tel: 04-7099-9002  
mail: info@tennenmura.com

そして私は今からとっても楽しみにしているのはアーユルヴェーダサロンRatna主宰の千葉ユキエさんのギフト!「インド発祥“伝承医学”はじめてのアーユルヴェーダ〜わたしを“観察”してみよう」
のワークショップです。

千葉ユキエさん
「はじめてのアーユルヴェーダ〜わたしを“観察”してみよう〜」の巻

【内容】

1 イントロダクション
2 興味しんしんアーユルヴェーダ式・体質チェック
3 毎日がタイムトラベル?アーユルヴェーダ式・時間の法則
4 春を軽やかに過ごすアーユルヴェーダ式・季節の暮らし方
5 毒を溜めないアーユルヴェーダ式・春の食事のおいしい約束
6 春肌もスッキリ爽快アーユルヴェーダ式・セルフマッサージ法

アーユルヴェーダはインド発祥の伝承医学。
そこには独特の「体質論」があります。
こころやからだの特徴に加えて行動パターンや思考パターンをみることで、ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)といった3つの体質のいずれに当てはまるかをチェック。
生活のこと、食事のこと、すべては体質…個人の性質を探るところからスタートします。
せっかくならその知恵を日常に活かせるよう、身近な出来事を例に挙げてゆきながらはじめてさんにもわかりやすく…セラピスト・千葉ユキエがガイド。
わたしたちが望んでいる美と健康って、実は日常の“心地良さ”と“美味しさ”の中にこそ散りばめられているのです。

春の始めの一歩を是非一緒に過ごしませんか?
毎日の暮らしに役立つアーユルヴェーダが体験できますよ〜!

 

初めてのアーユルヴェーダお話会

初めてのアーユルヴェーダ」お話会
@茶安土(ティアンド)

Description: http://tsite.jp/daikanyama/common/images/clear.png
      
 
アーユルヴェーダとは、5000年以上にわたって受け継がれてきた世界最古のインドの伝承医学。 奥が深いアーユルヴェーダをもっと日常の暮らしに手軽に取り入れられる暮らしのアイデアをご紹介致します。人生の意味、生き方、自分を知る事にフォーカスした「より良く生きる」知恵やヒントがいっぱいのアーユルヴェーダ的暮らしをはじめてみませんか?

■内容

自分の体質や気質を知る事で自分の体と上手くつき合って行く事が出来る様になります。
まず
自分の体質チェックを行い、毎日の生活に取り入れられるアーユルヴェーダの教えと工夫をご紹介します。
 
スパイスの効いたインドのスナック「サモサ」の販売もします。(限定30個)
 
日時:2015年3月16日()PM2:00 ~ 3:30 
   場所:天然素材の心地よい服の店「茶案土」(ティアンド)にて(東京都調布市仙川)

■お申込み方法
茶安土(ティアンド)へ直接お電話にてお申し込み下さい。定員 8名
03−3326–6827
 
話し手】ミシュラ京子
Amarma Ayurveda代表。インド家庭料理研究・実践家。
アーユルヴェーダを通じたライフスタイルの提案として雑誌等にコラム掲載、

インド・スパイス家庭料理料理教室料理のレッスンを開催。
http://www.amarmaayurveda.com

2015年は自由の年!

2015年 明けましておめでとうございます。


プジャ花1.JPG

(神様に捧げる花飾り:マーラ)

今年も皆様にとって楽しい事が沢山起こる素敵な一年になります様にお祈り致します。

Munnar.JPG

さて、私は寒い日本からこちら暖かくてゆる〜い国へ行っておりました。
半分仕事、半分バケーション。

緊張してローラーコースターに乗ると本当に恐いですが
力を抜いて大きな声を出してユルユルしていれば結構笑えて楽しいと言う事を発見して以来
私はこの国行きの飛行機に乗った時点でユルユル状態へと自分をシフトします(笑)

そうすると時間通りに事が進まなくても、注文したものと全然違う物が届いても
今日泊まるホテルが未定だったとしても(これ本当にあった!)

Houseboat1.JPG

野生のゾウの群れに会えると有名な国立公園入場券をやっと手に入れ汗を流して山を登りきった後に村のおじいに「もう何十年も見てねえの〜、野生のゾウ」と言われても、インド大陸最南端のカンニャクマーリにあるヴィヴェカ ナンダの寺院行きのボートだけがきっちり最終4時の就航で終わって乗れなかった時(着いたのが午後4時5分、まさか〜まさか〜の最南端)
それでも笑ってしまう自分。
そんな自分を「だいぶ成長したな、私」と思ってまた笑える。

Kovallam Beach1.JPG

かと思えば日本人が794ウグイス平安京の頃に作ったと思われる壮大で繊細な寺院、
想像のスケールを超える規模の大自然と人々の生活。
こちらはちょっと緊張した気分で素直に感動。

Elephanta1.JPG

アーユルヴェーダのスパイスやクリニックでは更なる発見と経験をして
美しい景色や温かい人情に触れて感涙。

Spice Gardenq.JPG

そんな笑いあり涙あり
迷惑かけられっぱなしな分 自分も迷惑をかけて
助けられたり助けたり

そんな何でもありの毎日を過ごしてました。

思えば娘もあと2年ちょっとで高校を卒業したら海外へ自分の人生の第一歩を踏み出すべく
羽ばたいて行くでしょう。そう思うと今しかない家族との時間を大切にしながら
毎日の暮らしに役立つアーユルヴェーダを通じて皆さんと
毎日を楽しく、そして好きな事いっぱいして自由に暮らしていけたらいいなと思っています。


心を縛るのも解放するのも自分次第!
2015年は自由の年に決まり!(勝手に)