子供達の夏休みもはじまり、週末は花火大会、夏がやってきましたね。 我が家では9月からハイスクールの娘は毎日夏期講習に通い、お陰さまで私も早寝早起き規則的な生活を過ごしております。息子君は宿題も一切無しのの〜んびりな毎日。ああ、大人も夏休み欲しい!ということで明日から夏期休暇を頂きBig Islandまで行って来ます!今回も高級リゾートホテルでのバケーションとはならず、寝袋と鍋持参の旅となる予定です。そこでお役に立つのがインド鍋の数々。基本ステンレス製で底が銅になっているので熱伝導がめっちゃくちゃ速いんです。しかも取っ手がないのでかさばらず、いくつかの大きさの鍋もすっぽり収納!このまま冷まして冷蔵庫に入れると キンキンに冷えます。
蓋もあります。
それからこれまたお勧めのHAWKINSインド製圧力鍋!王道を行くです。これは本当に便利です。
道具を上手く利用して暑い夏のクッキングも楽ちん、楽しみましょうね。
7月に入り梅雨もいいね〜なんてサモサを頬張っていたのも束の間、本格的な夏!がやってきましたね。 皆さんいかがお過ごしでしょうか?このブログのテーマが「ミシュラさん家の暮らしのダイアリー」の割には 全然ダイアリーになっていない〜という事で、小さい記事ながらダイアリー的に日常の事も綴って行きますね。 我が家にはインド玄米、日本玄米、全粒粉、小麦粉、バスマティ米、タイ米、日本の白米、米粉、そば粉、セモリナ粉、と、まあありとあらゆる種類の米や粉があります。 最近夫はLow Carboダイエット(炭水化物を少なめにとるダイエット)を実行していています。といっても作るの私なんですけどね。そして夫も私も子供達も全員お弁当を持って仕事や学校に通っています。パンもチャパティーも無しとなるとおかずばかりのお弁当になってしまって、果たして成人男子のお腹は満たされるのか?と疑問に思いながら、そしてネタ切れに悩まされながらなんとか2ヶ月が過ぎました。よく「ミシュラさん家は毎日インド料理なの?」と聞かれる事もあります。インド料理、和食、洋食、中華、イタリアン、いろいろです。夫は何でも食べる人で最近は 良質のタンパク質が必要だと言ってチキンや卵(卵白のみ)を多めに食べたいと言い出し、私は肉は食べず魚はたまに、そして玄米派!娘は肉と白いご飯が食べたい!息子はチャパティーとインドカレーが食べたい!とリクエストされ、朝から私はキッチンで格闘中でございます。これもまさに多様性と共存です。 読んだだけで疲れました?慣れれば大丈夫!


毎月1〜2回のベースでインド家庭料理の会を開催しています。 スパイス料理をもっと身近に、そして簡単に作れるようなレシピや裏技を失敗談を踏まえながら参加者の皆さんとワイワイ楽しく作っています。 ヨガやアーユルヴェーダにご興味を持っている方、毎日家族のご飯を作るお母さん、インドLoveの方、スパイスに興味のある方、食べるのが好きな方、いろいろな方と出会う事ができてさらにご自宅に戻られてからも習ったレシピを再現したり、アレンジしたりする楽しみもありですよ〜!

毎回インドの定食とでも言うべきターリー(ダール、チャワール、ローティー、サブジー)日本語で言うと(ご飯、チャパティーなどのパン類、ドライカレー、グレービーのカレー又は豆料理、付け合わせなど)の作り方をご紹介しているのですが、これからのアウトドアシーズンに向けてインドのスナックやフィンガーフード、BBQやピクニック、キャンプにも持て行ったり作ったりできるレシピを知りたいとのご希望におこたえしてサモサの会なるものを開催しました。 スナックはいろいろな種類の野菜やチャトニー(ソース)など材料が細々してちょっと手がかかりますが美味しさは抜群!
レッスンの日以来我が家の子供達のおやつリクエストはもっぱら「サモサ〜食べたい〜!」 給食のおばちゃんごとく大量のじゃがいもを夜な夜な蒸かしている私です。(サモサの中身はじゃがいもベース) 今度cook pad にもレシピ載せておきますのでお時間で来た時にでも是非覗いてみて下さいね。
cook pad :インド家庭料理の会


インドのイメージというとタージマハールやターバンをした人々、サリー姿の女性達、ごった返す人の波に 自動車、バイク、リキシャに牛、そしてカレーにスパイス〜、灼熱の国という感じでしょうか。
IMG_0819.JPG
IndiaGate-1.JPG
そんなインドももちろん健在ですが、意外にもこんなインドもあるんですよ。 人口においても、国土においても、そして多種民族、多言語、多宗教、貧富の差、にもう何でもが一緒に生活してる世界でもまれに見る多様性国家ではないでしょうか。
そんなインドを一つにまとめて一言で表すのは難しいですが、逆に違いを見つけて楽しむのも有りだなと思っています。 我が家でも違う民族が(インド人、日本人、そのミックス)いろんな言葉で(英語、日本語、ヒンディー語)食生活も多様性ではありますが(インド料理、和食、ベジタリアン、ノンベジ)なんとか共存しております。
違いを楽しみ、違いを気にしない、そんな気楽な社会になればもっと過ごしやすいかなと個人的には思います。



    この度Amarma-Ayurveda-のサイトを立ち上げました。(今までayurcosmeのサイトでご覧頂いていた皆様、改めましてこんにちは)!今まで同様に毎日の日常生活の中で気軽に取り入れられるアーユルヴェーダを提案していきたいと思っております。私自身、毎日の家事、育児、仕事にてんやわんやな毎日を過ごしていますが
そんな中でもちょっとしたアプローチでアーユルヴェーダ的な心も体も元気になるアイデアや活用術をご紹介して行けたら良いです。この写真は今年のお正月にインドへ帰省した時の画像です。皆さんの想像するインドとはちょっと違ったインドの側面もご紹介していきますね。そして何より今回重要にしたい点は「何が何でもやっぱり食が大切!」な所です。
忙しい毎日を送る日本の生活の中でも気軽に、簡単に、そして健康で何より美味しいインド家庭料理を紹介しながら
アーユルヴェーダを取り入れた暮らしを皆さんと一緒に楽しんで行けると嬉しいです。