Ghee は熱々のチャパティーに塗ったら最高に美味しい!

みなさん、こんにちは。

 

すっかり秋の長雨で洗濯物が室内あちこちにかかっている我が家です。

そんな時はコインランドリー行ってみたいですね。

最近はとってもオサレなランドリー屋さんがあるらしいですぞ。

新たな出会いを求めて行ってみたいです:)

 

 

    <画像提供: WORLD NEIGHBORS>

 

雨の日といえば、部屋の掃除から始まり、Netflix , 読書に手芸に料理と

結構インドア派は楽しみてんこ盛りではあります。

 

最近のお気に入りはチャパティー作りです。

インド料理の粉な物(パンみたいなもの)としては

 

チャパティ(ローティとも言う)

プーリー

パラタ(ジャガイモ入り、大根入り、玉子入り、チーズ入りなどなど)

カチョリ

ケララポロタ(パラタの一種)

ナン(タンドール釜が必要なので家庭ではあまり作る機会はないかな)

 

などがありますね。そして粉と言っても全粒粉、小麦粉、そば粉、雑穀粉、コーン粉などなど

それは種類が豊富です。

 

 

その中で北インド地方で毎日食べるのがチャパティ。

これは全粒粉と水、それだけで作るインドの家庭パンみたいな物です。

発酵もいらないので本当にこねて焼くだけ!

 

 

 

チャパティ専用のフライパン(タワ)は縁が無いので裏返すのが便利なんですよ。

 

そして最後は直火で焼きます。するとプク〜っと風船のように膨らみます!

 

 

 

熱々のチャパティにギーを塗って食べると本当に美味しい!

 

 

 

そして目でたくランチタイム!

 

 

作り方はクックパッドに掲載していますので、熱々のチャパティを食べてみたい方は

是非挑戦してみてください。

 

実はパンを買いに行くよりも手軽で気楽でとっても簡単です。

 

(cookpad はインド家庭料理の会で検索してみてね)

 

 

 

 

 

そして嬉しいお知らせ!

只今Amarma Ayurvedaではギーのキャンペーンをしています!

お値段が以前よりお買い求め安くなりました。

 

これからは乾燥もきになる季節。内側からも外側からもギーでしっとり艶やかに

楽しい秋を迎えましょ。

 

 

 

 

 

涙かと思ったら汗だった話

 

先週、南インドのチェンナイ(旧名:マドラス)に出張中の夫から電話がありました。

何でも雨季に入ったインドは湿気はムンムンあるものの涼しいそうで、灼熱の日本に

帰るのを躊躇してる様子(笑)

 

いや〜、本当に暑いですね。もうこれしか言葉が出てきませんのよ。

今日なんかは、地下鉄の駅からオフィスまで徒歩5分歩いただけなのに

顔に流れる液体は汗なのか涙なのかわからない状態でした。

もしかしたらあまりの暑さに私、泣いていたのかも!なんて思ってしまいました。

 

きっとマンゴーやバナナなど亜熱帯で育つ植物が東京でも普通に育つのではないかと

思ったりします。いや、でも、冬になったらなったで例年に無い寒さとかになるのでしょうか(謎)

 

 

トゥルシー.JPG

        < 今年も元気なトゥルシー >

 

 

まあ、そんな訳でベランダで育てているカレーパッタ(カレーリーフ)、ニーム、ブラフミー、トゥルシーなどの

アーユルヴェーダ植物もすごく力強く成長しています。

 

カレーリーフ.JPG

 

< 南インド料理には欠かせないカレーリーフ >

 

 

<あらゆる肌トラブルに効くニームの木>


ツホ?草.JPG

 

<ボケ防止、記憶力アップにお勧めのツボ草>

 

 

ゴーヤなども育てていますが、あまりの成長の速さに、ゴーヤはもはや植物ではなくて動物なのでは無いかと

毎年思います。

ちなみに中学2年生の我が家の息子も朝起きてくるとニョキッと背が伸びております。

いいな〜成長期!

 

 

そんな植物の成長具合を見るのが楽しみな夏の朝、葉っぱを摘んで食べたり、お茶にして飲んだりしています。

アーユルヴェーダの植物は効果効能がすごい強い&即効性があるので身体に取り入れると本当に素晴らしいです。

ボケ防止や記憶力アップにお勧めのツボ草は毎日葉っぱを摘んで食べてます。

受験生のいるご家庭には救世主!?かもですね。

ツボ草を子供に食べてもらって、ひたすら誉め殺しの声かけをすると成績アップにつながります(実践中!)

 

スパイスもそんな感じですね。消化力の弱った夏こそスパイス料理おすすめですね。

 

いつの日か庭付きの家に住み、スパイスやハーブ、アーユルヴェーダ植物、野菜を育てて

のんびり暮らす、そんな老後を夢見ています。

 

などと言いながら、クーラーの効いた部屋でスイカを食べていま〜す。

 

みなさまもどうぞ良い週末をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のスプラウト生活

 

ココナッツオイルとギーが液体になると、今年も夏がやって来たな〜と思う今日この頃です。

夏はあまり得意ではなく、暑さにうんと弱い私なのですが、一生に一度しか来ない

「Summer 2018」を今年は思いっきり汗かいて楽しもう!と思っております。

 

そんな私が最近ドはまりしているのが「発芽」!

先日、家の近くのDIYショップにベランダで育てるハーブの苗を買いに行きましたら

簡単スプラウト栽培キットなどというものを発見。

 

 

 

今までも何度かスプラウトを育てたことはありますが、このキットはお水部分と

種部分が分かれているので水換えがとっても簡単!

早速家にあるムングダールでスプラウトを作ってみました。

 

30度を超える夏日には2〜3日で発芽するので、目に見える成長が楽しいのです。

まさに思春期のよく寝て起きた朝の息子の身長の伸び、又は真夏のゴーヤの成長の如く

ニョキニョキ来ます。

 

スパイスは漢方と同じでお薬の役割をする素晴らしいものでありますが、やはり美味しく

生活に手軽に取り入れるにはちょっとしたアイデアと楽しいというエッセンスが必要かなと思います。

 

楽しんで美味しく食べて、その後で薬効を知るという流れが 私の笑顔の秘訣です :)

 

という事で早速家にあるムングダールでスプラウトを作ってみました。

 

 

30度を超える夏日には2〜3日であっという間に芽が出て食べられるんですよ。

サラダにしたり、もやしの様にささっと炒めものにしたりします。

 

調子に乗って家にあったありとあらゆる豆を発芽させた私。

大豆、小豆、ひよこ豆、マスールダールなどなど。

 



 

種系のスパイスも発芽させたら美味しいかも1?とのアイデアが出てきて

メーティー(フェヌグリーク)やマスタードシード、インディカ米の発芽玄米など

保存食としてパウントリーに瓶詰めしていた色々なものを発芽中です。

 

メーティーは鉄分豊富、関節痛やリウマチ、胃痛やコレステロールにも良いとされています。

産後のお母さんにはおっぱいの出が良くなると言われていてラッドゥにもわんさか入れて

食べたりもすんるですよ。

 

苦味がありますが、ゴーヤと一緒で夏の暑さにとっても合う苦味です。

 

毎日ニョキニョキと育つ種の生命力を感じて、元気が出ます!

 

 

 

スプラウトには強い生命力と、栄養素がたくさん含まれているので

身体にも良いですし、なんだか生きていると身近に感じられる一番簡単な方法だと

思います。

 

とっても簡単で育てるのが楽しい、そして食べても美味しいスプラウト生活。

もうしばらくはまりそうです。

 

 

 

 

 

Viva Summer 2018 !

フ?ラハ夏.PNG

<チェコの街>

 

7月に入ったと思ったら東京は猛暑!

本当に日本の四季は変わってきていると感じる今日この頃です。

私が子供の頃は東北で育ったせいか、学校の教室にはクーラーなどは無く

うちわ片手に首にはタオルを巻いて暑さをしのいだものでした。

体育のプール授業が待ちきれない!

なんて書くとすごい昭和感が漂いますが、本当につい数十年まえは本当だったお話です。

 

今やエアコンの無い学校は無いのではと思うくらいですよね。

エアコンが無くては熱中症になってしまうくらいですね。

 

北海道でも猛暑などというニュースを見ると、日本ってこんなに暑かったっけか?と思ってしまいます。

 

インド並に暑い夏、それがしかもこれから9月の末くらいまで続くと思うと

気持ちだけでも既に夏バテ気味。。。

 

アーユルヴェーダでいう火のエネルギー「ピッタ」が強くなるとイライラしたり

気分のムラがでたり皮膚疾患、頭痛、いろいろな症状が現れて不快になります。

なので毎年夏が来るとちょっと憂鬱な気分になっていた私。

 

でも今年は夏に対しての心構えがちょっと変わって来ているんです。

 

この数年の間に中欧と北米に家族が暮らし始めた事もあり、長くて暗くて寒い冬を越えて

待ちに待った夏を心から喜び、楽しんでいる人々を見て、暑い暑いと文句を言っている

場合では無いと気がついたのです!

 

彼らは短い夏を思う存分楽しむべく、海へ山へ湖へ出かけては日光浴。

そしてカヌーやサイクリングなど自然にとっても近い距離で体を思いっきり

動かして食べて飲んで笑って歌って!

 

 

チェコカ?ーテ?ン.PNG

<日曜日の朝>

 

私がカナダへ留学していた頃、ホームステイしていた家族はカヌーを買って

毎週末、湖へ行っては楽しんでいました。

たった2ヶ月の短い夏しか使わないのに、残りの10ヶ月はガレージに

しまっているだけなのになんで高いお金を払ってカヌーを買うのか?

と疑問でしかありませんでした。

 

しかし、今思うのは、2ヶ月しか無い夏だから思いっきり楽しもうよ!って事なのだなと

大人になった私はちょっとだけホストファザーの気持ちが分かったような気がします。

 

人生だって宇宙レベルからみたらほんの一瞬なのかもしれません。

そうしたらやっとやって来た「人生」、思いっきり楽しまなきゃ損だわって事ですわ。

 

Summer 2018 も人生で一度きり!

 

今年の夏は暑いの苦手という言葉は封印して思いっきり楽しむぞ〜!と

弾けるわ・た・し です。

シミ・しわも大いに気になりますがここはアーユルヴェーダのお知恵を上手に使って

秋に泣かないようにします(笑)

 

コ?ツコ?ラ.JPG

<夏のスキン&ヘアケアに活用できる

つぼくさ(ゴツゴラ)やホーリーバジル(トゥルシー)>

 

 

さあ、ビーサン履いて帽子かぶって海行くぞ〜!

 

 

 

 

 

 

あいさつ運動で今日もハッピー

 

曇り空が続く今日この頃、寒暖差注意報発令的に

蒸し蒸し暑い日もあれば、朝晩急に冷えたりしますね。

 

バスや電車の中は冷房が結構強めにかかっていて

今日は通勤のバスの中でブルッとしてとっさにカバンの中に常備している

カディタオルをぐるぐる巻きました。

 

 

 

都バス(東京都内を走るバス)に乗る機会が増えて発見した事、

それはラッシュアワー以外のジジババ、改めマダムとムッシュの

乗車人口がとっても多い事です。

 

確かに地下鉄や電車の駅は階段が多く、人も多いので

お年寄りにとっては多少時間がかかってもバスの方が便利なのでしょうね。

 

それにバスには学校の先生の様に、乗車しているバスのボスである

人間の「運転手さん」がいますもので。

なんかそれだけで安心する気持ち、私もわかります。

 

そんな通勤バスで面白いのは普通に携帯電話(ガラケー率はやはり高い)が鳴り、

そしてその着信音ベスト1「時の流れに身を任せ」by テレサテンという事。

ちなみに第2位は千の風になって、第3位は今のところ「オルゴール音」

マダムの流行が良くわかります(笑)

 

そしてバスの中で着信が鳴ったら直ぐに電話に出て

会話が始まりますわ。「ああ、ごめんごめん、今ね、バスの中なのよ。00で降りたら電話するわ〜」

 

誰も何も文句は言いませんわ。

 

そのくらいの会話でうるさいと思う事も無いし、いたって平和な車内。

 

今日なんかは突然バスのどこからかアラーム音が鳴り出して止まらない事態が発生!

 

乗車客みんなでどこだ、どこで鳴っているのだ、何が起こったかと大騒ぎ。

最近は地震や大雨や事件事故いろいろあるからみんな気をつけないとと

隣に座ったおばちゃんみんなに声をかけます。

前のおばちゃんも後ろのおじちゃんもみんな心に思っていた心配な心境をを声に出してワイワイ賑やかに。

 

最後は運転手さんが無事を確認の車内アナウンスをしてみんな落ち着くという朝。

 

すごい急いでいたり、疲れていたりしたらこんな光景にイラっとしてしまうのかも知れませんが

時間や体力、気持ちに余裕があればこんな光景も微笑ましいに変わります。

 

毎朝バスに乗る時、バスの運転手さんに「おはようございます」と

声を出して挨拶するとほぼ100%で「おはようございます」という

お返事を頂くことができます。

 

なんだかちょっと嬉しい気分で1日が始まります。

 

子供の頃の「おはよう運動」、コミュニケーション力を育てる基礎だなと思います。

 

海外に行くと知らない人とでも気軽に挨拶しますではないですか。

恥ずかしがらずに声を出す、おすすめです。

 

悩みの多くは人間関係、そしてその原因の多くはコミュニケーション力の不足だと

言われています。

 

コミュケーション力を豊かにするには言葉や感情表現、スキンシップ、芸術にと様々なものが

あると思いますが、何よりもコミュニケーションをとる一番手軽な方法は挨拶ではないでしょうか。

 

祈りもマントラも声を出していう事で願い叶い率がアップすると言うではないですか〜!

なんでも声を出す事で出るバイブレーションってすごい力があるらしいです。

 

あいさつ運動、これからも続けて行こうと思いました。

バス通勤、楽しいです。

 

あっ、それから寒暖差にはカディタオルがオススメですよ:)