3月に入り東京では街の中にもちらほら早咲きの桜を見かけるようになりました。

Amarma Ayurvedaのミシュラ京子です。

 

さて、桜というと思い出すのは卒業式。まさに春は別れと出会いの季節ですね。

別れはいつでもちょっと切なく寂しいものですが、別れがあるから出会いがある

という事で、今年は春風にのってさらっと新しいスタートを切りたいなあと思っています。

 

 

春、新たに新年度という仕切り直しができるのもなんだか嬉しい限りです。

私は明るいチェリーピンクの手帳を買い自分を盛り上げ、そして家庭菜園には

コリアンダーやハーブの種を蒔きました。基本食べれる植物を植えています(笑)

 

 

 

 

 

毎年種まきをするのはコリアンダー、メーティー、そしてトゥルシーです。

トゥルシーは「比類なきもの」と呼ばれるくらい薬効がとてもあって私は胃腸薬代わりのまさに生薬として毎朝1枚葉っぱを食べます。これで私は太田胃散や大正漢方胃腸薬を買いに走らなくても大丈夫になりました。

特にこの季節は花粉症対策としてトゥルシー(ホーリーバジル)のお茶がとてもお勧めです。

出会いや別れ、新生活など変化の多い時にはトゥルシーが心も落ち着かせてくれます。

 

 

 

 

 

新たな季節の始まり!皆さん学生の頃のワクワク感を思い出して楽しい春を迎えましょう!

 

 

関連する記事
コメント
コメントする