街を歩けばすかりクリスマスモードで赤、緑、白、ゴールド、青のイルミネーションにととても
カラフル。見ているだけでもウキウキした気持ちになりますね。

それとは正反対で街をあるく人、電車の中を見渡すと冬はグレーや黒、茶色といった
ダークカラーが多いですね。そういう自分もクローゼットをあければ冬のセーターにコート
ほとんどがネイビーブルーやグレー。定番で落ち着く好きな色ではありますが何となく寂しい感じもします。

アーユルヴェーダでも色を上手に生活に取り入れてドーシャのバランスを整えましょうというお話があります。
ヴァータには新緑やパステルカラー、ピッタには田園風景の緑や寒色系、カファには派手で明るい暖色系がお勧めと
言われています。その時の好みの色や季節、何となく気分で色を選ぶ事ってよくあると思いますが
意外と色って気分をも盛り上げあり落ち着かせたりする重要な役割を果たしているのですね。

中央インドの村に行った時にピンクシティーならぬブルービレッジ(青い村)に滞在したことがあります。
なんでこの村の家はみんな青いのだろう?なんかの宗教か?願掛けか?青いペンキしか無かったとか?なんだろ?
と不思議に思って村人に聞いてみると、答えはあっさり!「エッ?!ああ、ここら辺は夏にはとても暑くなるんで
壁を青く塗って涼しい気分になるためよ」との事。45℃以上の猛暑、エアコンも無い村では少しでも涼しく感じる
工夫をしているとの事でした。究極のエコ思考。個々の好みもあるだろうに家を真っ青に塗っちゃうところがかなりビックリですね。

12月に入り寒い冬、私の家も真っ赤とかに塗ってみたい気分です!(無理です!)カーテンだけ赤にしました(笑)



 
コメント
コメントする