お花見にはインド弁当

 

(インドのお弁当箱いろいろなサイズがあります)

 

 

こんにちは。Amarma Ayurvedaのミシュラです。

4月に入り肌寒い毎日でしたがようやく桜も咲き始め春らしい季節になりました。

 

オフィスの近くには桜の見所がたくさんあるんです。

千鳥ヶ淵、皇居周辺、靖国神社、イギリス大使館前、日本橋室町、永代橋を渡ると隅田川。

 

 

その中でも私の一番のオススメはイギリス大使館から代官町を通り竹橋へ抜けるルートです。

特に夜桜、そして散り始めの桜吹雪は必見ですよ。

とってもオススメです。

 

毎年インド大使館ではさくらフェスティバルをやっているのですが今年はどうなんでしょう?と思って問い合わせをしてみました所、今年は残念ながら開催しないそうです。その代わりと言ってはなんですが

「インド・カルチャーパフォーマンスの夕べ」というインド古典舞踊などが楽しめるイベントを4月3日、4日に開催する模様です。詳しくはこちらをご覧になってみてください。

 

(プーリーとかぼちゃのサブジー)

 

さて、日本のリトルインディアと言われている在日インド人が多く住む西葛西でもインド人ママ達のお手製のお花見弁当を広げて楽しげにお花見しているグループを毎年見かけます。

花見も楽しみですが、私の興味はインド人ママ達の持ち寄りお弁当の中身であります!

 

  • パラタ(パンの様なもの)
  • チョーレー(ひよこ豆のカレー)
  • カチョリー(中に豆のペーストが入った揚げパン)
  • プーリー(揚げパンのようなもの)
  • ビリヤニ(炊き込み御飯のようなもの)
  • タンドリーチキンや野菜なども定番です。

 

南インド料理だとイドリー(蒸しパンみたいなもの)とチャトニー(ココナッツなどのソース)なんかもありかな。

基本、みんなでワイワイと手で食べられる料理が多いのは万国共通ですね。

 

そして肌寒く感じた時は温かいトゥルシーティーやチャイがホッと体を温めてくれます。

サーモスに温かい飲み物を入れて出かけましょう。

 

皆さんも素敵な春をお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする