艶髪目指して「ヘナ」トリートメント


 

 

 

 

 

 

 

 

 

気が付けば11月も終盤、そしてついに12月!師走がやってきますね。

今年は寒かったり雨だったりであまり秋を楽しむ時間が無く、

毎年「今年こそは紅葉を見て温泉にゆっくり浸かりたい!」と思いながら

思いだけで秋は過ぎて行きました。

 

忙しいと言いたくはないけれど、仕事もプライベートもやる事いっぱい、

あれよあれよと時間が過ぎて行きます。

そんな中、最近は白髪も気になり始め、毎月の身体のリズムも変化が出始め

メガネも必要になり、、、と身体の変化を本当に感じるようになった2017年秋。

 

楽しく輝く冬を迎えるには、まずは自分自身に手をかけてあげたいと思いまして

まずは最近お疲れ度が激しかった髪のお手入れに出かけました。

 

ヘナは私にとっては身近な存在でしたので(家族に毎月やってあげていたので)

今後、長いお付き合いになるであろう白髪はヘナで染めようと決めていましたが

いざ自分自身でヘナをしようとするととっても面倒&この時期寒いわ〜と

これまた地団駄踏んでいました。

 

でも文句を言っていても仕方がないのでこれはもうプロにお任せしようと、

今回は南青山にあるヘアサロン sol  ea terra のマサヨさんのところでヘナをして頂きました。

 

 

 

これがインドで見るド・オレンジなヘナ染めでも無く、

薄々でかろうじて染まっているヘナでも無く、

ヘナとインディゴがなぜだか緑色に染まるでも無く、

とっても素敵な発色で、白髪染め+艶が出る+頭皮が乾燥しない

という超素敵な三重奏♬

 

   <ヘナ前>     <ヘナ後>

 

 

すんばらしく艶艶の髪に復活致しました!

 

そして久しぶりにぐっすり眠れ爽快な朝を迎える事ができました。

ヘナってすごいなあと改めて実感した日曜日。

 

忙しく毎日をお過ごしのみなさま、ご自分へ時間とお金を使って

そして、自分自身でお手入れも大切ですが、時にはプロの力を借りるのも

とても良い選択肢の一つですよ〜。

 

 

マサヨさん、お顔も身体も私の半分くらいのサイズです!

 

インド話、髪の話は尽きる事無く永遠に。

そしてプロとして働く女性の姿はいつでも素敵です。

 

お疲れ感がもっとも出やすいのは髪。

髪の毛とお肌が潤っていれば、きっと心にも余裕が生まれますね。

と今自分自身に言い聞かせています。

 

これから乾燥が気になる季節、保湿をしっかりして艶やかな12月を迎えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

Viva Summer 2018 !

フ?ラハ夏.PNG

<チェコの街>

 

7月に入ったと思ったら東京は猛暑!

本当に日本の四季は変わってきていると感じる今日この頃です。

私が子供の頃は東北で育ったせいか、学校の教室にはクーラーなどは無く

うちわ片手に首にはタオルを巻いて暑さをしのいだものでした。

体育のプール授業が待ちきれない!

なんて書くとすごい昭和感が漂いますが、本当につい数十年まえは本当だったお話です。

 

今やエアコンの無い学校は無いのではと思うくらいですよね。

エアコンが無くては熱中症になってしまうくらいですね。

 

北海道でも猛暑などというニュースを見ると、日本ってこんなに暑かったっけか?と思ってしまいます。

 

インド並に暑い夏、それがしかもこれから9月の末くらいまで続くと思うと

気持ちだけでも既に夏バテ気味。。。

 

アーユルヴェーダでいう火のエネルギー「ピッタ」が強くなるとイライラしたり

気分のムラがでたり皮膚疾患、頭痛、いろいろな症状が現れて不快になります。

なので毎年夏が来るとちょっと憂鬱な気分になっていた私。

 

でも今年は夏に対しての心構えがちょっと変わって来ているんです。

 

この数年の間に中欧と北米に家族が暮らし始めた事もあり、長くて暗くて寒い冬を越えて

待ちに待った夏を心から喜び、楽しんでいる人々を見て、暑い暑いと文句を言っている

場合では無いと気がついたのです!

 

彼らは短い夏を思う存分楽しむべく、海へ山へ湖へ出かけては日光浴。

そしてカヌーやサイクリングなど自然にとっても近い距離で体を思いっきり

動かして食べて飲んで笑って歌って!

 

 

チェコカ?ーテ?ン.PNG

<日曜日の朝>

 

私がカナダへ留学していた頃、ホームステイしていた家族はカヌーを買って

毎週末、湖へ行っては楽しんでいました。

たった2ヶ月の短い夏しか使わないのに、残りの10ヶ月はガレージに

しまっているだけなのになんで高いお金を払ってカヌーを買うのか?

と疑問でしかありませんでした。

 

しかし、今思うのは、2ヶ月しか無い夏だから思いっきり楽しもうよ!って事なのだなと

大人になった私はちょっとだけホストファザーの気持ちが分かったような気がします。

 

人生だって宇宙レベルからみたらほんの一瞬なのかもしれません。

そうしたらやっとやって来た「人生」、思いっきり楽しまなきゃ損だわって事ですわ。

 

Summer 2018 も人生で一度きり!

 

今年の夏は暑いの苦手という言葉は封印して思いっきり楽しむぞ〜!と

弾けるわ・た・し です。

シミ・しわも大いに気になりますがここはアーユルヴェーダのお知恵を上手に使って

秋に泣かないようにします(笑)

 

コ?ツコ?ラ.JPG

<夏のスキン&ヘアケアに活用できる

つぼくさ(ゴツゴラ)やホーリーバジル(トゥルシー)>

 

 

さあ、ビーサン履いて帽子かぶって海行くぞ〜!

 

 

 

 

 

 

涙かと思ったら汗だった話

 

先週、南インドのチェンナイ(旧名:マドラス)に出張中の夫から電話がありました。

何でも雨季に入ったインドは湿気はムンムンあるものの涼しいそうで、灼熱の日本に

帰るのを躊躇してる様子(笑)

 

いや〜、本当に暑いですね。もうこれしか言葉が出てきませんのよ。

今日なんかは、地下鉄の駅からオフィスまで徒歩5分歩いただけなのに

顔に流れる液体は汗なのか涙なのかわからない状態でした。

もしかしたらあまりの暑さに私、泣いていたのかも!なんて思ってしまいました。

 

きっとマンゴーやバナナなど亜熱帯で育つ植物が東京でも普通に育つのではないかと

思ったりします。いや、でも、冬になったらなったで例年に無い寒さとかになるのでしょうか(謎)

 

 

トゥルシー.JPG

        < 今年も元気なトゥルシー >

 

 

まあ、そんな訳でベランダで育てているカレーパッタ(カレーリーフ)、ニーム、ブラフミー、トゥルシーなどの

アーユルヴェーダ植物もすごく力強く成長しています。

 

カレーリーフ.JPG

 

< 南インド料理には欠かせないカレーリーフ >

 

 

<あらゆる肌トラブルに効くニームの木>


ツホ?草.JPG

 

<ボケ防止、記憶力アップにお勧めのツボ草>

 

 

ゴーヤなども育てていますが、あまりの成長の速さに、ゴーヤはもはや植物ではなくて動物なのでは無いかと

毎年思います。

ちなみに中学2年生の我が家の息子も朝起きてくるとニョキッと背が伸びております。

いいな〜成長期!

 

 

そんな植物の成長具合を見るのが楽しみな夏の朝、葉っぱを摘んで食べたり、お茶にして飲んだりしています。

アーユルヴェーダの植物は効果効能がすごい強い&即効性があるので身体に取り入れると本当に素晴らしいです。

ボケ防止や記憶力アップにお勧めのツボ草は毎日葉っぱを摘んで食べてます。

受験生のいるご家庭には救世主!?かもですね。

ツボ草を子供に食べてもらって、ひたすら誉め殺しの声かけをすると成績アップにつながります(実践中!)

 

スパイスもそんな感じですね。消化力の弱った夏こそスパイス料理おすすめですね。

 

いつの日か庭付きの家に住み、スパイスやハーブ、アーユルヴェーダ植物、野菜を育てて

のんびり暮らす、そんな老後を夢見ています。

 

などと言いながら、クーラーの効いた部屋でスイカを食べていま〜す。

 

みなさまもどうぞ良い週末をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 

1